suite-case6

旅行のスーツケースTSAロックはあまり安全ではない?

Pocket

よく海外旅行に行かれる方は最近のスーツケースはTSAロックが標準装備かと思いますが、そのTSAロックでちょっと考えられない事が起きたので参考になればと思います。

suite-case6

TSAロックはアメリカ運輸保安局によって認可されたロックの事で、このTSAロックであればケースにロックをかけたまま荷物を預け入れる事ができる優れものです。

今回そのロックが暗証番号が合っているにも関わらず開かないと言う事態が発生しました。写真は色々試して適当な場所で止めてもう諦めた状態です・・・

んー。全然わからない。

と、まあ色々リセット方法とかあるようですが、この機内持ち込みサイズのケースはかなり前に購入した物であると言うことと、そこそこ安かった物なのかリセット機能が付いていませんでした。

これは旅行から帰ってきて気づいたのでロックをかける前は当然番号と施錠、開錠の確認をしてから預け入れたのですが・・・

自宅に帰って開けようとするも・・・あきません。

どういうことでしょうか。過去に一度「この荷物は開封しましたよ」と紙が入っていたことがあるのですが、今回もか?と思いましたが、何せ施錠した時の番号では開かないのです(笑)

これはどうした物か・・・

冷静になって記憶を思い起こすと施錠、開錠の確認した後に番号を変更するのを忘れたかもしれない??これは十分にあり得ます。

その後空港関係者の何者かが勝手に開けてそのまま戻して番号変えた??とそんなことがよぎります。

とにかく中身が心配です!!!と言っても着替え以外入っていませんが(笑)

よくよくグーグル先生に聞いてみると、TSAロックで開錠した時にこのロックのオープン状態、クローズ状態、どっちかの状態で閉めるとリセットするか鍵が無いと開かない状態になってしまうのだそうです。ちょっと情報が少なくて・・・いや。途中で調べるのを諦めました。面倒なので。

ここまででTSAロックについて気になった方はこちらをどうぞ

前置きが大変長くなっておりますが、TSAロックは運輸保安局と自分以外開けられないとタカをくくって安心している人・・・

最近ではロックをかけないで!と注意書きをしている航空会社もありますが、今回の自分の場合は開けられるとかの問題ではなく一部のジッパーの縫製がほどけてきたと言う事もあり、カバンが勝手に開いてしまうことを懸念して一応鍵をしました。

suite-case6

受け取った時の鍵の状態はコレです。もしかしたらタイミング悪く鍵が壊れただけかもしれません。

いよいよ本題なのですが、基本的に鍵を開けるためのキーは一般人は持っていないので町中とかホテルとかで預け入れる時に有効な物なんじゃないかと思います。

空港ではちゃんと開けて戻してくれるのが前提ですからね。

で、このジッパータイプについてですが、ジッパーは大変丈夫にできているんですが、鍵が掛かっていても開けることが可能です。

まずはボールペンを用意します。

suite-case1

写真にもあるようにジッパーのかみ合い部分に勢いよく突き刺します。

するとどうでしょう。

suite-case2

刺さりましたよ!!!ここからはボールペンをスライドさせれば荷物を取り出すことが可能です。

海外ではこの鍵がなくてもこの方法を使って荷物を盗む手口も有るようです。開けた後はリセットして元通りにして返すと言う極悪手口もあるようなのでご注意を!

suite-case3

 

と言うわけで私は無事荷物を取り出すことができました。

やれやれ・・・

suite-case4

やっぱり今後はロックを使わないようにしたいと思います。

まあ別に開けられても良い物しか入れないしね。

suite-case5

今回は運が悪かったのとそろそろ寿命だったのかもしれません。

もし、鍵が壊れたりして開かない時や緊急的に開けたい時はこの方法を使うと良いかもしれませんね。

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>