surface neo が気になって仕方ない。

Pocket

surface neo が気になって仕方ないのです。まったくもって表題の通りでSurface Pro7?あーそう。Surface Laptop?? あーそうねそうね。

Surface Duo?おお?ちょっと面白そう!!Surface Neo? うっひゃー!!!なんじゃこれー!面白そう!!な私なので。

他の端末ももちろん発表になっていますが、個人的に超気にになっているのはNEO!こいつだけです。

元々へそ曲がりの性格もあって人と違ったものを使いたい性分ということもあるのかどうしてもこういう未来感というか変態がスタンダードになって欲しいという部分も含めて使ってみたいのです。

このSurface NeoはWindows 10Xと言う専用というか新OSを採用するようです。普通のWindows のソフトが全て動くといいんですけどね。動かないとこまるうう。

9インチディスプレイを両面に持っていますからー!!

どうでしょう?僕はもうドキドキが止まりません。臨んでいたものに近いものが出てきたのかもしれません。

キーボードも本体の裏面に付けていてタイピングモードにすると、、、ああああああああ。すごっ!なのです。

↓↓↓The VergeのYoutubeビデオになりますが、わかりやすく説明がまとめられています。凄さと言うか欲しくなりそうな要因がこちらからご確認いただけますので気になる方もそうでない方も是非とも確認していただきたいところです。

ここまでNEOについて書いてきましたが、人間というものは物を買う時に理由が欲しくなるものです笑。そしてその理由が言い訳にも聞こえる理由をひねり出す面白い生き物です笑笑

そのダラダラとした私の理由付けを御覧ください。

現在僕の所持しているPCはimac, macbook pro 2018 , 自作windows デスクトップ、MSI グラボ1050のGE72,Surface pro6、GPD POCKET2、という構成なのだが実際使う頻度をあげていくとこのような順番になってきます。

1,imac

2,macbook pro

3,surface pro6

4,GPD Pocket2

5,MSI GE72

6,自作デスクトップ

という順番になってます。

トップ3まではまあ順当な感じといいますか、普段仕事で使っていたりするとこういう順番になってしまうのかもしれませんね。

1,2は毎日仕事でもプライベートでも使うものなのですが、実は僕の場合3から以下はかなり色んな状況で使い分けているような気がします。

実はmacのトラックパッドが好きすぎてSurfaceとかwindows の動きが好きになれないということもあります。

僕自身ほとんどのことはクラウド上で済むことがメインなのでOSはあまり関係ないといえばそれまでなんですが、打ちやすさやトラックパッドのスムーズさなどでmacを選んでしまいます。

Surfaceは主に家でタブレット的にブラウジングメインや小作業を行いいますが、中途半端なタブレットという位置づけで出かけるときはiPadをほぼ選んでしまいます。

さて、ここまで大幅に話がずれこんでいますが、GPD Pocketなどはソファに横になりながら文字を打てたり、画面をタッチする際に手を大きく動かす必要がないのでタイピングをしたいときには集中して作業ができます。

キーボードの配置がかなり特殊なので慣れないと思われるかもしれませんが、打ち間違い的なものは僕の場合そんなに起こっていません。

ブラウジングしながら何かを作業するとかスプレッドシートを使ったりとかの作業には向いていませんがちょっといつもそばにおいておきたくなる端末がこれです。

NEOにもこれを期待していて使いたいときには画面を大きくして必要のないときは小さく使うというような使い多賀マルチにできて所有端末も少しはへるのではないかと勝手に期待しています。

さあこれが私の購入したい理由です。一番は触ってみたい。ただそれだけなのかもしれませんけどね!


発売は2020の春頃だとは思いますが、それまで首を長くして続報を待ちたいと思っています。

秋口から冬の入口にかけてまではとにかく色んなガジェットの新製品が発表されるのでボーナスがない仕事の私はかなり吟味して何かを選択するということになるかと思います。それではまたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です